1. ホーム
  2. お役立ちコラム
  3. 断糖ダイエット
  4. ≫断糖の切り札。ローフードダイエットとは?

断糖の切り札。ローフードダイエットとは?

こんにちは。荒木式断糖肉食ダイエットの記事を担当しております、ハルオです。

今回は「食べて痩せる。ローフードダイエットとは?」というテーマでお話したいと思います。

読了まで1~2分のお話です。最後までお付き合いいただけるとウレシイです。では早速いきましょう!

食べて痩せる。ローフードダイエットとは?

「ダイエットしたい!」でも意外かもしれませんが、きちんと食事をしないと綺麗に痩せる事はなかなか出来ないのです。ダイエットの目的の一つは、健康的で美しく引き締まった体を手に入れることですよね。

だったら、やっぱり健康にも美容にも良くて、なおかつダイエットにもなる食材を食べたい物です。そこで、きちんと食べて痩せたい方には、ローフードダイエットがおすすめです。

ローフードとは、加熱調理をしていない生のそのままの状態の食べ物、48度以下で加熱調理をした食べ物のことを指します。

消化に負担がかからないのが強み

食べ物を48度以上で加熱し調理をしてしまうと、食べ物の中に含まれている酵素やビタミンなどの栄養素が破壊されてしまい、体内で消化をする時に体に負担がかかってしまいます。

ですが加熱調理をしていない生のそのままの状態の食べ物には酵素やビタミンが含まれていて、そのまま食べることで体内で消化をする時に食べ物に含まれている酵素のおかげで体に負担が掛からずに、スムーズに消化をすることが出来ます。

毎日食事をする時に、焼いたり煮たり蒸したり揚げたりなどして加熱調理をした普通の料理よりも、ローフードを食べているほうが消化に負担が掛からず、食べ物に含まれている栄養素を丸ごと摂ることが出来るので健康的に痩せやすい体になっていきます。

皮ごと食べれるものは全て皮ごと

ローフードで痩せる食べ物は、生の野菜や生のフルーツや生の海藻やお刺身や生のナッツです。まず生の野菜は、サラダや野菜スティックやお漬物にして食べます。サラダや野菜スティックにはドレッシングはかけないで食べます。

ドレッシングにはオイルやお砂糖やお塩や化学調味料などが入っているのでおすすめ出来ません。ドレッシングを使いたい時は、ノンオイルで手作りしたものを使うと良いです。

そして生のフルーツは、皮ごと食べれるものは全て皮ごと食べるようにします。生の海藻は塩抜きをしてそのまま食べたり、レモンをかけたり野菜サラダと混ぜたりして食べるようにします。

まずは自分の食生活を振り返って

お刺身も出来るだけお醤油やお塩を付けずに、そのまま食べるようにします。生のナッツもお塩を付けずに、そのまま食べるようにします。このようなメニューを毎日食べるようにすると、少しずつ体重が減っていきます。

そしてウエストが引き締まり、体の余計な贅肉が落ちてスタイルが良くなります。肌も毛穴がキメ細かくなり、吹き出物が出来にくくなります。なのでローフードは痩せたい方におすすめです。

痩せる為には適度な運動も必要ですが、まずは自分の食生活を振り返ってみる事から始めるのはどうでしょうか。